ホワイトニング後には食事制限がある?食べて良いもの・悪いもの

ホワイトニングを検討している方のなかには、ホワイトニング後の食事について気になっている方もいるのではないでしょうか。「長期間、好きなものが食べられないのは嫌だなぁ…」と感じている方のために、ホワイトニング後の食事について解説します。


この記事は約6分で読み終わります。

ホワイトニング後はいつから食事OK?

ホワイトニング後も食事をすることはできます。

ただし、しばらくは色素が濃いものを避けることが大切です。

オフィスホワイトニング後であれば48時間(2日間)、ホームホワイトニング後であれば1~2時間の間は色の濃い飲み物や食べ物は避けましょう。

また、食事のあとはなるべくすぐに歯を磨くことをおすすめします。難しい場合は、水でゆすぐだけでも構いません。

ホワイトニング後の食事に気をつけなければならない理由

そもそも色の濃い食べ物や飲み物は歯の着色汚れの原因となります。

例えば、コーヒーや赤ワインのポリフェノール、カレーのターメリックなどは、歯の表面に付着して歯の黄ばみや黒ずみなどを引き起こします。白い歯をできるだけキープするためには、これらの食べ物、飲み物は摂取を控えましょう。

また、ホワイトニングでは、歯の表面のペリクルという皮膜を取り除きます。つまり、ホワイトニング後は歯のエナメル質を保護する膜がはがれた状態になっており、いつもよりも歯が着色しやすい状態にあるのです。

そのような状態で歯に色素が付着しやすい飲み物や食べ物を摂取すると、せっかくホワイトニングをしても効果が持続できません。そのため、ホワイトニング後の食事には気をつける必要があります。

ペリクルはホワイトニング後12~48時間経過すると再生されるといわれているので、少なくともそれまでの間は、色の濃い飲み物や食べ物を控えることが大切です。

ホワイトニング後の食事!控えたほうがいい食べ物とは

ホワイトニング後の食事に気をつける必要があると聞くと、「何を食べたら良いのかわからない」という方もいるのではないでしょうか。

ここでは、ホワイトニング後に飲食して良いものと控えたほうが良いものを紹介します。

飲食して良いもの

以下はホワイトニング後でも安心して口にできる食べ物、飲み物です。

ホワイトニング後でも口にできる食べ物 ホワイトニング後でも口にできる飲み物
・白米

・パン

・鶏肉

・白身魚

・ナッツ類

・フライドポテト

・えび

・ホワイトソース

・チーズ など

・水

・白ワイン

・牛乳

・お吸い物 など

 

これらの食べ物、飲み物は色が濃くないので、ホワイトニング後の食事にぴったりです。

ただし、食べ物については調味料にも気をつける必要があります。例えば、ソースや醤油、ターメリック入りのスパイスなど歯に着色しやすいものは控えましょう。

鶏肉や白身魚などを使った料理でも、フライにするとソースや醤油が必要となります。フライにするのではなく、塩コショウでソテーにする、ホワイトソースを使った料理にするといった工夫が必要です。

また、飲み物の種類が少ないものの、しばらくは水や白湯などで我慢するようおすすめします。

飲食を控えたほうがいいもの

ホワイトニング後に控えたい食べ物と飲み物が、色の濃いもの、イソフラボンを含むもの、そして酸性のものです。

ホワイトニング後に控えたい食べ物 ホワイトニング後に控えたい飲み物
<色の濃い食べ物>

・カレー

・ケチャップやトマトソース

・味噌

・醤油

・ソース

・チョコレート など

<色の濃い飲み物>

・お茶

・コーヒー

・紅茶

・ココア

・赤ワイン など

<イソフラボンを含む食べ物>

・豆腐

・納豆 など

<イソフラボンを含む飲み物>

・豆乳 など

<酸性の食べ物>

・レモン

・わさび

・からし

・マスタード など

<酸性の飲み物>

・ビタミンCを含むドリンク

・炭酸飲料

・ヨーグルトドリンク など

 

色の濃い食べ物や飲み物は色素が歯に付着しやすいので、ホワイトニング後に摂取することは控えましょう。特にコーヒーや紅茶、お茶などは食後や休憩時間に飲むのが習慣になっている方も多いかと思いますが、しばらくは意識して控えることをおすすめします。

また、イソフラボンはポリフェノールの一種で、歯を着色させる要因となります。豆腐や豆乳は「色が白いので大丈夫」と思われがちですが、実は色素沈着の原因になるため注意が必要です。

加えて、酸性の食べ物や飲み物もホワイトニング後は控えましょう。その理由は、ペリクルがはがれている歯は、刺激を受けやすい状態にあるからです。酸味のあるドリンクや調味料などはペリクルが再生されるまでは避けるようおすすめします。

ホワイトニング後におすすめの食事メニュー

ホワイトニング後にはどんな食事をすると良いのでしょうか?ホワイトニング後におすすめの食事メニューを朝・昼・夕に分けて紹介します。

<朝食>

・ご飯に色の薄いふりかけをかける
・バターを塗ったパン

飲み物は水や白湯を用意しましょう。ご飯であればお吸い物、パンであれば牛乳を合わせるのもおすすめです。

<昼食>

・ホワイトソースのパスタ
・ペペロンチーノ
・塩ラーメン
・塩やきそば

パスタならホワイトソース、もしくはソースを使わないペペロンチーノなどを選ぶと良いでしょう。ラーメンなら醤油・味噌を避けて塩ラーメンを、やきそばもソースを避けて塩やきそばを選ぶようおすすめします。

<夕食>

・白身魚
・ハンバーグ(ホワイトソースや塩での味付け)
・塩味の焼き鳥

白身魚は塩コショウで味付けしてソテーして食べると良いでしょう。ハンバーグならトマトソースやデミグラスソースは避け、ホワイトソースや塩などで味付けすることをおすすめします。

焼き鳥も塩味で、お酒を飲むなら白ワイン、日本酒、焼酎などを合わせましょう。

ホワイトニング後の食事が避けられない場合

ホワイトニング後に控えたほうが良い食べ物・飲み物を、付き合いなどで避けられないとき、または我慢できないときもあるでしょう。

そんなときは、以下の方法で対処できます。

・歯磨き、うがいをする
・水を飲む
・濃い飲み物を飲むときにはストローを使う

食後すぐに歯を磨くのがおすすめですが、それが難しい場合はうがいをするだけでも多少は着色を防げるでしょう。

また、歯の表面が乾燥していると色素が付着しやすくなるので、食事の前に水を飲んで歯を湿らせるのもコツのひとつです。

お茶やコーヒーなど濃い飲み物を飲む場合はストローを使うと歯の表面に飲み物が当たるのを防ぐことができます。

そのほか、ホワイトニング効果を持続させるために気をつけるべき内容については以下の記事でも説明しています。
ホワイトニング方法によって持続性が大幅に異なる!長持ちさせる方法

とはいえ、あまりにも神経質になる必要はありません。不安なことがあれば歯科医院に相談すると良いでしょう。

まとめ

せっかくホワイトニングをしたら、できるだけ白い歯をキープしたいものです。本記事で紹介した食事メニューなどを参考に、オフィスホワイトニング後は48時間、ホームホワイトニング後なら2時間程度、食事制限をしてみましょう。

ただし、ストイックになりすぎず、歯科医院に相談しながらできる範囲でやるようにおすすめします。