【監修】ホワイトニングの種類について知りたい!気になる費用は?

「歯のホワイトニングをしてみたい」と思っていても、自分に合うホワイトニングの種類がわからず悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 ホワイトニングには4つの種類があり、それぞれ施術方法や歯が白くなるスピード、料金などに違いがあります。 今回は、ホワイトニングの種類やそれぞれの特徴・施術方法・料金の目安などを紹介します。自分に合ったホワイトニングの方法を選ぶ際に、ぜひ参考にしてみてください。


この記事は約6分で読み終わります。

ホワイトニングの4つの種類

ホワイトニングには、大きく分けて4つの種類があります。

・オフィスホワイトニング
・ホームホワイトニング
・デュアルホワイトニング
・セルフホワイトニング

施術方法や白くなるまでにかかる時間、料金などが異なるため、自分に合う方法で行うことが大切です。

それぞれの方法ごとにメリットやデメリットが異なるので、比較しながらどの方法でホワイトニングを行うのかを選択しましょう。

==========

オフィスホワイトニングとは?

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で施術を受けて歯を白くする方法のことです。
専用の薬剤やレーザーを使用して行うもので、比較的短期間で効果を実感できる点が特徴です。

施術にかかる費用は1回あたり約1~7万円ほどで、1本単位で部分的に行うような施術ができる場合もあります。

オフィスホワイトニングの流れ

オフィスホワイトニングを行う場合の一般的な施術の流れについて紹介します。

1.歯科医院でカウンセリング・歯の状態を確認
2.クリーニングを行い、歯の表面を施術しやすいように準備する
3.歯茎を保護し、ホワイトニング用の薬剤ジェルを塗布する
4.光やレーザーの照射を行う
5.ジェルをふき取る
6.3~5を数回繰り返す
7. 歯の色をシェードガイドで確認する

オフィスホワイトニングの施術にかかる時間は、30分~1時間半程度が目安です。

オフィスホワイトニングのメリット

オフィスホワイトニングのメリットには、以下のようなものがあります。

・短期間で効果が出る
・プロによる施術で安心
・1回~任意で施術回数を決められる
・自分で器具などを管理する必要がない

「短期間で済ませたい」「歯医者によるホワイトニングを受けたい」という方におすすめです。

オフィスホワイトニングのデメリット

オフィスホワイトニングのデメリットには、以下のようなものがあります。

・効果の持続時間が短い(3~6ヶ月)
・効果を持続させるためには定期的に施術を受ける必要がある
・人によっては染みるなどの刺激を感じることがある

オフィスホワイトニングのデメリットを把握したうえで、施術頻度や費用などを含めて、ホワイトニングを行う方法を検討することが大切です。

==========

ホームホワイトニングとは?

ホームホワイトニングとは、歯科医院で処方される薬剤を自宅に持ち帰り、自分で行うホワイトニング方法のことをいいます。

自分の歯に合うマウスピースを歯科医院で作成し、薬剤を受け取って自分で塗布とマウスピースの装着を行います。

費用は専用のマウスピースを作成する料金と薬剤代で、一般的には約1.5万円~3万円ほどです。

ホワイトニングを行う期間が長くなると費用もかかりやすくなるため、施術期間は歯科医と相談したうえで決定しましょう。

ホームホワイトニングの流れ

ホームホワイトニングを行う際の一般的な流れは以下のとおりです。

1.歯科医院でカウンセリングを行い、歯や歯茎の状態などをチェックする
2.クリーニングをして歯の状態を整える
3.マウスピースの型取りをする
4.マウスピース完成後に受け取り、使用方法の説明を受ける
5.自宅でホワイトニングを開始する
6.歯科医院で定期的に経過の確認を行う

自宅でマウスピースを装着するときは、毎日1~2時間程度装着する必要があります。

ホームホワイトニングのメリット

ホームホワイトニングのメリットには、以下のようなものがあります。

・自分のペースでホワイトニングできる
・オフィスホワイトニングよりも費用がかからない
・オフィスホワイトニングでは染みる人でも行いやすい
・ホワイトニング効果が比較的長く継続する

時間をかけてゆっくりと施術を行いたい人や、ホワイトニングの費用を押さえたい人におすすめです。

ホームホワイトニングのデメリット

ホームホワイトニングのデメリットには、以下のようなものがあります。

・効果が出るまでに時間がかかる
・自分で1~2時間毎日装着しなければならない
・定期的に状態を確認してもらう必要がある

ホームホワイトニングは効果が長く、費用が抑えられるメリットがありますが、時間と手間がかかるということを把握しておくことが大切です。

==========

デュアルホワイトニングの特徴

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行う施術方法のことです。

両方の施術を行うため費用は高額になりやすく、約5~8万円ほど必要です。効果が出るスピードと効果持続の両方を兼ね備えている点がデュアルホワイトニングの特徴です。

デュアルホワイトニングのメリット

デュアルホワイトニングのメリットには、以下のようなものがあります。

・早く白くなるので効果を実感しやすい
・効果が長続きするので頻繁に施術を行う必要がない

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの欠点を補い合う形で施術を行うことができるため、より早く、長く効果を得たい人に適しています。

デュアルホワイトニングのデメリット

デュアルホワイトニングのデメリットは、ふたつの施術をあわせて行うため費用がかかりやすい点にあります。

施術を受ける前には、全体として必要になる費用はどれくらいか、歯科医に確認しておきましょう。

==========

セルフホワイトニングとは?

セルフホワイトニングとは自宅やサロンで行うホワイトニング方法で、自分の手で行う施術方法のことをいいます。

セルフホワイトニングの大きな特徴は、「過酸化水素」を使用しないことにあります。

過酸化水素とは歯の漂白に用いる液体のことで、歯科医院で施術を受けるホワイトニングでは使用できますが、歯科医や歯科衛生士のいないセルフホワイトニングでは使用できないことになっています。

セルフホワイトニングのメリット

セルフホワイトニングのメリットは、歯科医院で受けるよりも費用がかからない点です。そのため、歯科医院で受ける施術方法と比べて手軽に行えるメリットがあります。

ホームホワイトニングのようにマウスピースを装着する必要がないものもあり、歯磨き粉にホワイトニング成分が含まれているタイプの製品があるのも特徴です。

セルフホワイトニングのデメリット

セルフホワイトニングのデメリットは、歯自体の色を白くすることはできないという点です。歯そのものの黒ずみや黄ばみなどには効果が得られないため、注意が必要です。

セルフホワイトニングでは、食べ物や飲み物、タバコなどによって付着した着色汚れに対して効果が期待できます。

日頃から色の濃い食べ物やタバコを好んでいて、歯の着色が気になるという方はセルフホワイトニングを試してみると良いでしょう。

==========

まとめ

ホワイトニングの方法はさまざまなものがありますが、効果の強さや持続期間、費用などから施術方法を選ぶ必要があります。

セルフホワイトニングを試してみてから、歯科医院での施術を受けてみるのも方法のひとつです。

自分に合う方法を比較検討しながら、綺麗な白い歯を手に入れましょう。

【この記事の監修医】

帆保 智子 先生

大手医療法人や個人歯科医院などを含め10年以上、歯科衛生士として従事。一般歯科のほか、インプラント治療や矯正治療、審美治療などの専門性の高い分野に長けている。現在は今までの経験を活かして「誰が読んでもわかりやすい、もっと生活が快適になる歯科記事」を多数執筆中。