口から酸っぱい臭いがするのは危険信号!早急に対処しましょう

マスクをすると、普段の生活では自覚がなかった口臭に気づくことがあります。口から酸っぱい臭いがする場合、どう対処すると良いのでしょうか。 この記事では、口から酸っぱい臭いがするときに考えられる原因と対策方法を紹介します。自分の口臭が気になると、人と話すのも苦になることがあるので、早めに対策を講じましょう。


この記事は約5分で読み終わります。

口から酸っぱい臭いがする原因

ひと言で口臭といっても、いろんなタイプの臭いがあります。また原因もさまざまで、内蔵疾患に起因するものもあれば、虫歯や歯周病など口内のトラブルが原因のこともあります。

口から酸っぱい臭いがする場合にはどんな原因が考えられるのか、みていきましょう。

胃が不調を起こしている

口から酸っぱい臭いがするときに原因として最も考えられるのが胃の不調です。

胃に異常があるときの口臭は、

・酸っぱい臭い
・ツンとしたような臭い
・発酵したような臭い

などが特徴です。

考えられる胃のトラブルとしては、逆流性食道炎胃炎が挙げられます。

逆流性食道炎になると、胃液が喉のほうまで上がってくるため、酸っぱい胃液の臭いがするようになるのです。また胃炎になると、食べたものが腸ではなく胃の中で発酵してしまうため、その臭いが肺に入り込み、呼吸するときに口臭となって出てしまいます。

胃のトラブルの自覚症状があるなら、それが酸っぱい臭いの原因である可能性が高いでしょう。

生理的口臭

起床時空腹時のタイミングで口臭がすることもあります。これは唾液の分泌量が減り、口内の細菌が増えてしまうのが原因です。

起床時や空腹時だけでなく、緊張時疲労時などのタイミングでも唾液の分泌量は減少します。

プレゼン前などの緊張状態にあるときや、仕事でクタクタになって帰宅したときに口臭が気になったという経験はありませんか?もしもそうなら、それは緊張や疲れで唾液の分泌量が減少し口内の細菌が増えたことによると考えられます。

鼻・喉

鼻や喉は口とつながっているため、そこにトラブルがあると口からの酸っぱい臭いがすることがあります。蓄膿症咽頭炎などの炎症が起きているなら、そこに溜まっている膿が口臭の原因となることもあるため注意が必要です。

口内

酸っぱい臭いがする原因は胃の不調によるものが多いですが、口内のトラブルが原因となっている場合もあります。虫歯歯周病歯石などの症状がみられるなら、口の中で増えている細菌が臭いの原因かもしれません。

==========

口から酸っぱい臭いがした時の対策

口から酸っぱい臭いがしたら、口臭の原因を取り除くことが大事です。以下の方法で対策してみてください。

歯磨きをしっかり行う

口の中の細菌が増えると臭いが発生しやすくなるため、常に口の中を清潔にしておくことが重要です。

食後の歯磨きを習慣にしましょう。口臭対策用の歯磨きもあるので、それを活用するのがおすすめです。

また、丁寧に磨くことに加えて、歯間ブラシやフロスを使って、歯の間に詰まった食べカスなどもしっかりと取り除くと、細菌の増殖を抑えることができるでしょう。

マウスウォッシュを使う

マウスウォッシュを使うと、歯磨きで落とせなかった汚れを落とすことができます。

口臭の原因となる細菌は、歯茎や舌など歯の表面以外にも潜んでおり、歯磨きだけでは取り除くことができません。マウスウォッシュは、口のトラブルとなる原因菌を殺菌する効果があるので、口臭予防につながるのです。

また、歯肉炎の予防や歯垢が付着するのを防ぐなど、さまざまな効果が期待できるので、食後の歯磨きに加えてマウスウォッシュでのケアを習慣にしてみてはいかがでしょうか。口の中に含んですすぐだけで手軽に使えるので便利ですよ。

胃薬を飲む

口から酸っぱい臭いがするのが、胃の不調のせいだと考えられるなら、胃のケアをしましょう。

胃もたれや食欲不振などの不調には、胃薬を飲むのがおすすめです。

また、日頃から食べ過ぎや飲み過ぎ、油っこい食事など胃の負担となるような食事をしないように心がけることも大切です。

自宅でセルフホワイトニング

セルフホワイトニングを行うと、歯を白くすることができるだけでなく、口臭の改善も期待できます。また、虫歯の予防や歯垢の除去にもつながるなど、さまざまなメリットがあります。

歯科医院で行う本格的なホワイトニングは費用が高額ですが、セルフで行えばリーズナブルに済ませることも可能です。

==========

どうしても直らない場合は医療機関で検査

歯磨きをしっかりとやっているし、マウスウォッシュも使っている。胃薬も飲んで胃のケアもできている。それなのに、口から酸っぱい臭いがし続ける場合は、医療機関を受診して口臭の原因が何にあるかを調べてもらいましょう。

まず受診したいのは歯科です。歯科で口臭が気になっていることを伝え、虫歯や歯周病がないか診てもらいましょう。口腔内に問題が見つかった場合は、適切な治療を受けることで口臭が治るかもしれません。

歯や歯茎の状態を診てもらって口腔内に問題がないといわれた場合は、口臭外来専門のクリニックを受診するのがおすすめです。

測定器によって口臭測定をしてもらい、唾液や舌、尿などを検査してもらうことで、口臭の原因がわかるかもしれません。

==========

まとめ

口から酸っぱい臭いがするときに考えられる原因と対策方法を紹介しました。酸っぱい臭いの原因は胃の不調にあることが多いですが、虫歯や歯周病など口腔内のトラブルが原因のこともあるので、口の中のケアも頑張ってみましょう。

口臭がしなくなれば、人と会って話すときも気にしなくて済むので気分が明るくなります。また、口腔内の健康や体の健康にもつながるので、早めに対策を講じるのがおすすめです。