市販のグッズで歯を白くすることができる?種類や選び方

歯の美しさは顔の印象にも影響するので、きれいな白い歯に憧れている人も少なくないでしょう。 しかし、歯科医院で受けるホワイトニングやセラミックなどの施術は、通う手間や費用を考えるとハードルが高いと感じる人も多いのではないでしょうか。 なるべく手間や費用をかけずに歯を白くしたいというときには、歯を白くする市販グッズを使うのがおすすめです。 今回は、市販グッズで歯を白くするメリットや市販グッズの選び方を解説しますので、「できるだけ手軽に歯を白くしたい」と思っている人は、ぜひチェックしてみてください。


この記事は約5分で読み終わります。

市販のグッズで歯を白くするメリット

歯科医院では虫歯の治療だけでなく、ホワイトニングなど歯を美しくするための施術も受けられます。そのため、何となく「歯科医院のほうが良いのでは」と思う人もいるでしょう。

しかし、あえて市販グッズで歯を白くするメリットがあるのです。具体的にどのようなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

手軽さ

市販グッズの大きなメリットは、何といってもその手軽さです。歯科医院でホワイトニングなどの施術を受ける場合、当然ですがその都度出向かなくてはなりません。

歯科医院まで行く時間に加え、待ち時間などが発生したときには1回施術を受けるだけでもそれなりに時間を要します。忙しい人だとなかなか予定が合わず、継続できない可能性があるでしょう。

一方、市販グッズであればクリニックに行く必要はなく、いつでも自宅で手軽にホワイトニングができます。自分の好きなペースでできるので、忙しい人でも続けやすいでしょう。

費用の安さ

市販グッズはクリニックでの施術と比べて、費用が安いのもメリットです。クリニックで受けるホワイトニングやセラミックなどにかかる費用の相場を見てみましょう。

・ホワイトニング:1万~7万円/回
・セラミック:7万~20万円/回

ホワイトニングやセラミックは、原則として健康保険が使えない自由診療なので、これらの費用は全額自己負担しなくてはなりません。

また、クリニックでの施術は効果が高いのがメリットですが、半永久的に効果が続くわけではないので、定期的に施術を受ける必要があります。上記の金額を定期的にといわれると、「とてもじゃないけど続けられない」という人も多いのではないでしょうか。

市販グッズでは定期的に購入しても上記のような高額な費用はかからないので、金銭的な負担を軽減できます。

==========

歯を白くする市販グッズの種類

歯を白くする市販グッズには、さまざまな種類があります。自分に合う市販グッズを選べるように、市販グッズの種類や特徴を把握しておきましょう。

歯磨き粉

歯を白くする市販グッズの定番といえば、ホワイトニング効果のある歯磨き粉です。いつも使っている歯磨き粉をホワイトニング効果のある歯磨き粉に変えるだけで良いので、手軽で続けやすいというメリットがあります。

歯の消しゴム

歯の表面に付いた汚れを落としたいのであれば、歯の消しゴムを使うのもおすすめです。鉛筆で書いた文字を消すのと同じように、歯の表面を擦って汚れを落とします。

しかし、磨きすぎると歯の表面に傷をつけ、知覚過敏などを引き起こす可能性もあるため、とくに汚れが気になる部分にピンポイントで使うと良いでしょう。

歯のマニキュア

歯のマニキュアは、歯に直接塗布して歯の黄ばみや汚れを目立ちにくくする市販グッズです。

持続性は低く1日程度しか持ちませんが、塗るだけで歯を白く見せられるので、デートなどで急いでいるときに向いています。商品によっては不自然な白さになることがあるので、前もって調べておき、お試し購入しておくと良いでしょう。

マウスウォッシュ

マウスウォッシュは歯を白くするというよりも新たな汚れを付きにくくする効果があるので、ほかの市販グッズで歯を白くしたあとに予防として使うのがおすすめです。

使い方が簡単で口臭予防にも役立つので、お手入れの一環として取り入れると良いでしょう。

==========

歯を白くする市販グッズの選び方

歯を白くする市販グッズにはいろいろな種類がありますが、どれを選べば良いか悩んだときには、使いやすいもの、継続しやすい価格のものを選ぶようにしましょう。

市販グッズはクリニックでのホワイトニングやセラミックなどと比較して、効果が緩やかなので長く続ける必要があります。

使いづらかったり、価格が高かったりすると継続しづらいので、いろいろ試してみて長く続けやすいものを探してみてください。

歯に優しい素材のものを選ぶことも重要です。研磨剤が多く配合された歯磨き粉などの市販グッズは、歯や歯茎にダメージを与える可能性があるので避けたほうが良いでしょう。

また、歯磨き粉が泡立つとしっかり汚れが落ちている気分になりますが、それはただの思い込みで、実際には隅々まで磨けていないということが起こりがちです。隅々までていねいに磨けるように、発泡剤不使用の泡立ちにくいものを選ぶと良いでしょう。

==========

まとめ

歯を白くする市販グッズは、クリニックでのホワイトニングやセラミックほどの効果はないので、長く継続する必要があります。

しかし、クリニックに行かずに自宅で手軽にできる、費用が安く済むなどのメリットがあるので、「クリニックでの施術はハードルが高い」と感じている人におすすめです。

市販グッズにはいろいろな種類があるので、いくつか試して使いやすく、続けやすい価格のものを探してみてください。