ホワイトニングは何歳から可能?メリットとともに紹介

笑顔の素敵な人を見かけると、自分の歯の色が気になってしまう人もいるのではないでしょうか。歯を白くするためにホワイトニングに興味はあるけれど、何歳ぐらいからはじめられるのか、気になっている人も多いはず。 この記事では、ホワイトニングをはじめられる年齢を解説します。合わせて、ホワイトニングをするメリットも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


この記事は約4分で読み終わります。

ホワイトニングは何歳から可能?

歯医者さんでもしてくれるホワイトニングは、何歳からはじめられるのでしょうか。

ホワイトニングは何歳でも可能

実は、ホワイトニングするのに年齢は関係なく、何歳からでも可能です。

ただし、ホワイトニングでは刺激の強い過酸化尿素を含んだ薬剤を使用するため、乳歯には対応していない歯医者さんが多いようです。

基本的には、すべての歯が永久歯に生え替わっていれば、問題なくホワイトニングを行えるでしょう。

ホワイトニングにおすすめな年齢

ただし、すべての歯が永久歯に生え替わったとしても、中学生や高校生でホワイトニングを行うのはあまりおすすめできません。

なぜなら、中学生や高校生では顎の成長が完了していないからです。また、歯の生え替わりは個人差があります。自分ではすべて永久歯に生え替わったと思っていても、気づかぬところが乳歯であるケースも少なくありません。

顎の骨が完成し、歯も乳歯から大人の歯に完全に生え替わる18歳ごろが、ホワイトニングをはじめるのにおすすめの年齢といえます。

==========

ホワイトニングを行うメリット

歯を白くしてくれるホワイトニングですが、メリットはそれだけではありません。

ここでは、ホワイトニングを行うメリットを見ていきましょう。

虫歯予防にもつながる

ホワイトニングを行っている歯は、ホワイトニングをしていない歯と比べて耐酸性が高いといわれています。

そのため、虫歯にかかりにくい傾向があるようです。

リーズナブルに表面の汚れを落とせる

セラミック治療は透明感があり、本来の歯に近い仕上がりで歯を作れるため、歯の色にお悩みの方にも高い人気があります。しかし、セラミック治療は費用が高く、気軽に行えないのが難点といえます。

ホワイトニングなら、セラミック治療に比べ費用が安く済みます。歯の表面の汚れを落とし、元の健康的な色に戻せるので、誰でも気軽に試せるでしょう。

見た目の印象アップ

ホワイトニングによって本来の歯の輝きを取り戻せると、口元の印象が変わります。コンプレックスが解消されることで自信がつき、歯を気にせず人と話せるようになるでしょう。

そして、白い歯は顔全体を明るく若々しく見せてくれます。清潔な印象を与えてくれるため、周りの人たちからの評判も良くなるかもしれません。

歯を削らずにできる

ホワイトニングは歯を削ったり・神経を抜いたりしなくても良いため、痛みがほとんどありません。

セラミック治療を行う場合は歯の表面を薄く削るため、痛みを感じる人もいます。ホワイトニングでは歯を削らずに白くできるので、痛みが苦手な人でもラクに施術を行えるでしょう。

==========

ホームホワイトニングなら誰でも手軽に可能

ホワイトニングにはさまざまな方法があり、大きくわけると、歯医者さんで行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。

なかでも、ホームホワイトニングは費用をかけずに手軽に行えるため、多くの人が実践している方法です。

ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングにも色々な種類があります。中には歯医者さんで作ったマウスピースに専用の薬剤をつけてホワイトニングを行う方法もあります。

自宅でマウスピースをつけるだけなので、時間も手間もかかりません。歯医者さんでホワイトニングをするよりは即効性はありませんが、継続することでホワイトニングの効果を実感できるでしょう。

ホームホワイトニングの良さは、歯を自然な白さにできることです。歯医者さんに経過をみてもらいながら、本来の歯の色に近い輝きを目指せます。

==========

まとめ

ホワイトニングをはじめられる年齢と、ホワイトニングを行うメリットについて解説してきました。

ホワイトニングをはじめる年齢に決まりはありませんが、おすすめの年齢は、顎の成長が完成し、すべての歯が永久歯に生え替わる18歳ごろといわれています。

ホワイトニングで歯が白くなることで、顔周りが明るくなり、自信をもって人と話せるようになります。コンプレックスがなくなると、気持ちも前向きになり、周りの人たちにも良い印象を与えられるようになるでしょう。

ホワイトニングの方法はさまざまありますので、自分に合った方法を見つけてください。